富士吉田市で外壁塗装が安い業者が簡単に探せます

富士吉田市で外壁塗装が安い業者をお探しなら、ネットの無料見積り比較サービスが便利です。

外壁塗装が安い

近隣の対応可能な数社の見積りを比較できるので、確実に安い業者が見つかります。

 

外壁塗装が安い業者を見つけるには、やっぱり見積りの比較が一番確実です。
いくつかの業者の見積りを比べれば、安い業者は必ず見つかりますので。

 

実際外壁塗装の金額は、業者による差がかなりあります。
塗装面積にもよりますが、数十万の差は確実に出てくるので、1社だけの見積りで決めてしまうのは本当にもったいないです。

 

ただ、見積りは意外と面倒で、それを何社もというのはかなり大変・・・。
そこで人気なのが、ネットの見積りサイトです。

 

簡単に複数の業者の見積りを比較できますし、適正金額の確認もできます。
これから外壁塗装を予定されているなら、大幅に費用を節約することができるので、ぜひ金額をチェックしてみてください。

 

 

人気の外壁塗装料金見積り比較サービス

外壁塗装・外壁リフォームの無料一括見積もり「リショップナビ」の特徴
1回の見積りで、最大5社の料金比較が可能です。
近隣の塗装業者の中で、最安の業者が確実に見つかります。
専任の担当者が対応してくれるため、業者から直接営業されないので安心です。
価格 無料
評価 評価5
備考 見積り最短30秒

外壁塗装業者紹介サイト 「ヌリカエ」の特徴
見積りサービスの中で、一番入力が楽なサイトです。
項目が少なくスマホからでも簡単なので、入力が面倒という方におすすめです。
また、業者からの営業電話がないので、気にせず料金チェックできます。
価格 無料
評価 評価5
備考 見積り最短45秒

優良塗装会社紹介サービス「プロヌリ」の特徴
全国300社の優良塗装業者から、外壁・屋根塗装の比較ができます。
希望する条件に見合う業者がないかなど、提携業者の中から探してもらえます。
初めてで何も分からないという方は、相談ができるのでおすすめです。
価格 無料
評価 評価4.5
備考 見積り最短10秒

 

 

外壁塗装の見積もり

外壁塗装が安い

外壁塗装の見積もりですが、まずはネットで見積もりをしてみると便利です。
ネットの外壁塗装見積もりサイトなら、直接業者に会ったり見積りを依頼しなくても、見積金額を知ることができます。

 

実際に自宅に呼んで見積もりをしてもらうと分かるんですが、外壁や屋根の塗装の見積もりって、寸法を測ったり意外と手間がかかります。
すると、金額が折り合わない場合などに非常に断りにくいんです・・・。

 

また、押しの強い営業の方だと、ついついその場で契約ということになってしまうことも。
それが妥当な金額かそれ以下の場合はいいですが、もし高額な見積額だったら、数十万円単位で損をすることも。

 

その点ネットの見積もりの場合は、直接塗装業者さんに問い合わせをするわけではないので、金額面で折り合わなければその場で断れます。
また、いろんな業者の料金を比べることができるため、納得のいく業者に依頼ができます。

 

また、簡単な相場も知ることができるので、初めて外壁や屋根の塗装をするという方には、特におすすめです。
最終的には、自宅に来てもらって正確な見積もりをしてもらわなければいけませんが、その準備段階としてはネットが便利です。

 

 

外壁塗装の費用は?

外壁塗装が安い

外壁塗装の費用ですが、一般的な30坪程度の家の場合で、2階建てが65万円〜100万円、平屋が50万円〜85万円くらいになります。
ちなみに屋根の塗装も込みの場合で、外壁のみなら15〜30万円程度安くなります。

 

もちろん、建物の大きさや立地条件(足場の組み方)、下地の状態などによって変わります。
また、施工する業者によっても変わりますし、使用する塗料によっても変わります。

 

一番大きいのは塗料の違いで、塗装面積が広ければ広いほど大きな差になります。

 

種類 u単価 耐用年数 特徴
アクリル塗料

1,000〜1,500円

5〜8年

塗料の中では一番安いので、予算のない方にはおすすめですが、耐久性は低いです。

ウレタン塗料

1,500〜2,500円

8〜10年

密着性が良く、安価ですが意外と耐久性があります。低予算ではおすすめの塗料です。

シリコン塗料

2,000〜3,500円

10〜15年

現在最も多く使われており、弾性に優れた塗料です。耐久性も仕上がりもよく、最もおすすめです。

フッ素塗料

3,000〜4,500円

12〜20年

光沢が素晴らしく、見た目は抜群ですが、汚れやすいのが難点です。

遮熱系塗料

4,000〜5,500円

15〜20年

太陽の熱を遮断してくれるため、夏場の室内温度が下がる、最近話題の塗料です

光触媒系塗料

4,000〜5,500円

15〜20年

遮熱系のように太陽熱を遮断し、汚れにくいのが特徴ですが、施工できる業者が限られます。

 

現在の主流はシリコン塗料で、すべての面でオールマイティーな塗料です。
おそらく、特にこちらが指定しない限り、どこの塗装業者もシリコン系で見積もりを作成してくれると思います。

 

 

外壁塗装の費用は業者によって大きく変わる

外壁塗装が安い

一度複数の業者で見積もりをしてみると分かりますが、外壁塗装の費用は、業者によってかなりの差があります。
しかも、数万円程度の差ではなく、数十万円という差があることも珍しくありません。

 

その差がどこから来るかというと、足場の費用だったり見えない経費の差だったりと様々です。
もちろん、安からと言っていい加減だったり、高いからと言ってぼったくりかと言うと、一概には言えません。

 

業者それぞれで経費の掛かり方は違うので、いい加減な業者を除けば、まっとうな見積もりです。
ただこちらとして言えることは、「安いほうがいい」ということです。

 

ほぼ同じような施工内容なら、安いにこしたことはありません。
しっかりと見積もりを取り、単独の見積もりのみで決定しないようにすることが、損をしないための方法です。

 

 

外壁塗装の比較サービスを利用した方の口コミ

始めて自宅の外壁塗装をするにあたり、どの程度の料金が相場なのかを知りたくて利用しました。
思っていたより費用に幅があり、しっかり比較をすることの大事さを痛感しました。

外壁塗装の営業がよく来るので、どのくらいかかるのかを調べてみました。
営業に来る方のチラシと合わせてだいたいの相場も分かり、一番安い業者さんに依頼できました。

近所の塗装業者さんで依頼しようと思っていたんですが、どうも信用できなくて、安心できる業者さんを探していました。
見積りサイトで見つけた業者さんは、すごく丁寧に説明してくれて、不安なくきれいに塗り替えしてもらえました。

一度見積りをしてもらっていたんですが、ネットで検索していろんな情報に触れ、一応と思い見積りしてみました。
最初の業者さんより40万円も安くできることになり、本当に助かりました!

富士吉田市で外壁塗装を損せずするために

富士吉田市で安い外壁塗装の業者をお探しなら、ネットの見積りサイトが便利です。
かんたんに数社の料金を比較したり、相場の確認をすることができるので、より安い業者を確実に探せます。

 

実際に、富士吉田市の塗装業者さんで安い業者を探すとなると、何社にも見積りをしてもらう必要があります。
それはかなりの手間ですし、時間もかかり、もし富士吉田市で安い業者がなければさらに探す必要もあります。

 

その点ネットの見積りサイトなら、わずかな手間で複数社の料金を判断できるので、時間のない方でも簡単に比較可能です。
外壁塗装の見積りは意外と時間も手間もかかります。

 

そのため、断る必要が出る場合業者さんに申し訳ないんです。
気にされない方はいいですが、結構いやなものです。

 

ネットの見積りなら、直接業者さんと顔を会わせることなく、適正価格やだいたいの料金を前もって確認できるため、そういった心配もありません。

 

 

また、富士吉田市でどういった業者があるのかや、富士吉田市で安心して依頼できる業者が分からないという方にもおすすめです。
見積りサイトに登録しているのは、全国の有料塗装業者のみなため、悪徳業者につかまることがなく安心です。

 

外壁塗装の費用は、業者によってかなりの差があり、しっかり比較をして検討をすることで、大幅に費用を節約することができます。

 

富士吉田市で安い外壁塗装の業者をお探しなら、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

>>安い業者が簡単に分かる!外壁塗装のリショップナビ

 

 

インターネット会社への問い合わせは、新しく入る家を探した後に、現在使っているところの所有主に引越し日を電話してからが最も適しています。なので引越しを手配している日の4週間前ぐらいと考えておけばよいでしょう。
今なお「大安」などの縁起担ぎ向きの日付は好評なので、料金を値上げしています。引越し業者毎に暦などによる料金設定がバラバラになっていますから、引越し日を決める前に相談しておくことをお奨めします。
結婚などで引越しの準備を始めた際は、通信手段の電話とインターネットの引越しの手順を把握することも必須です。すぐさま伝えれば、引越しの荷解きをしていてもすぐに一般電話とインターネットが使用できます。
都内の引越し料金を、ネット上で1度に見積もり申込するケースでは、たくさん申し込んでも料金負担はないので、目に付く限りの引越し業者にお願いした方が、割引額の大きい会社に出合う確率が高くなります。
ほとんどの場合、近距離の引越しの見積もりをお願いされると、とりあえず高額な値段を持ってくるものです。そうしてから、もっと安くしてと交渉すると、何回かに分けて低額にしていくというような折衝が最多だそうです。
大方、マンションの4階や5階などの中層フロアへの引越しのケースでは、独立した住居と比較して、料金負担が大きくなります。エレベーターのある建物かどうかで、価格に増減を付ける引越し業者は結構あるものです。
自分の引越しの第一候補日の助っ人の頭数次第で、見積もり結果が違ってきますから、決定したことは社員に告げるようにしましょうね。
携帯電話でインターネット一括見積もりを使うと、数社の引越し業者をいっぺんに比較検討することが可能なので、一際低額な運送業者を手軽に発見することも難しくはありません。
単身の引越し料金について、大きい会社だろうが小さい会社だろうがどんぐりの背比べだろうと確信していないでしょうか?引越し業者の選出方法や見積もりのお願いの仕方によっては、下手すれば50%もの料金格差がつくことでさえ少なくありません。
難易度の高いピアノ引越しの金額は、引越し業者のシステム次第で幅があります。9千円で引越しできる業者もいるにはいますが、それは近隣への引越しという設定の運搬費なので間違わないでください。
近頃、ネット上で流行っている一括引越し見積もりサイトをチェックする転勤族の数が急伸しているのだそうです。その流れを汲みとって、引越し費用見積もりサイトの供給も増進しているようです。
詰めの見積もりは営業の管轄なので、現場を担当する引越し会社の搬送スタッフとは違います。結論が出た事、お願いした事は、すべからく一筆書いてもらってください。
一回の引越しに必要な額面について把握しておきたいですよね。お分かりだと思いますが、引越し業者の料金には制限がありませんので、どこの会社に依頼するかにより、何万円も支払い額が左右されてきます。
引越し作業の流れをザッと仮定して、見積もりを作る方式が標準的です。とはいえ引越し業者次第では、梱包や運搬にかかった時間が明らかになったあとで、時間給のようにして金額を決める仕様を備えています。
短時間で済む引越しに適している会社、移動距離の長い引越し専門の会社などにカテゴライズされます。各業者から見積もりを出してもらう行動は、あまりにも非効率的です。